背中のニキビはなかなか治らないと思っていました


若いころから、顔もですが、背中のニキビに悩まされています。
既に、私の今の年齢では、「ニキビとは言わないのよ」と言われそうですが(汗)

顔のニキビとは違い、背中のニキビは正面から見ることができないので、
いつの間にか酷くなってしまって、ブラジャーの紐が当たって痛くなって、気付くこともしばしば。

皮脂が多いせいか、酷くなってしまうと、化膿してしまい、痛みを伴っていました。

ニキビを治したいがために、あれやこれやと薬局で購入してきた背中ニキビケアやスキンケア用品を付けていましたが、
最初は治まる気がするのですが、慣れてしまうと同じように酷くなってしまいます。

諦めて最近まで来ましたが、たまたま趣味で知り合った皮膚科の先生に、
「ニキビがずっとできて治らないんです。」という話をしたところ、「洗った後はどうしてるの?」と聞かれ、
「ローションを塗って、保湿などしてます」と答えると、先生は「ニキビが治るまでは、洗った後は何もつけないでね?

HT075_350Aお肌は自分で治ろうと悪いものを毛穴から出そうとしているのに、
そこでローションなどで覆われてしまうと、悪い物が外に出なくなるのよ。
治るまでは何も塗らないで過ごして」と教えて頂きました。

それから1週間ちょっと、何もケアすることなく、
ただ何もしないという治療を行い、何と!頑固だった私の背中のニキビが消えているではないですか!

治ったので…と思い、ローションを付けてしまうと、
忘れたころにまたニキビが出てきてしまいますが、そうするとまた何もしない治療で引っ込みます。

本来当たり前の事なのかもしれませんが、
自分自身の細胞の再生能力が万能薬であると実感しました。

顔のニキビも背中ニキビも原因は同じことが多い

 

背中にできるニキビは、顔と同じように汚れや食事、生活習慣などが原因でできることが多いです。
たとえば顔のニキビは甘い物や脂っこいものの取り過ぎが原因となることがありますが、背中ニキビも同じです。

甘いものや脂っこいものは皮脂の分泌を過剰にさせ、
そのため皮脂が発生しニキビができてしまうのです。

ですので背中ニキビが気になる場合には、
そのような食事は避け野菜やタンパク質を中心とした食生活を心掛けましょう。

清潔にしていない場合もニキビができやすくなりますから、毎日しっかりと汚れを落とすようにしましょう。
ただし擦ったりすると肌が傷ついてしまうため、優しく洗うことが重要です。